« 冬は冬 | トップページ | 分厚い封書 »

虹色の煙

秋になったら夏を振り返ろうと思っていたのだけれど
秋。秋はどこへ行ったんだろう。もう終わったのかな。

夏、BSで2回くらい花火を見る。ハイビジョン映像。
冷房のきいた部屋でのんびり眺める。
花火はとても優しいように思う。料金はかからず
みんなが見られる。とてもあり難い気持ちになる。

8月だったか、おそろしい夢を見てしまう。
今まで見た中でもベスト3以内には入る気がする。
ホラー映画みたいだった。
あともうちょっとでコロされる、というところで
目が覚める。その後、しばらくの間深夜ひとりで
1階に降りることができず、難儀する。
どうしても用事がある時はあらゆる場所の電灯を
点け、TVの電源を入れる。なるべく賑やかそうな
ものや、オリンピックにチャンネルを合わせる。
用事を済ませると、ダッシュで階段を駆け上り、
自室に逃げ込む。今年の夏。

目の前に買ったばかりの卓上加湿器がある。
丸っこい形で七色に光る。ここにアロマオイルを
垂らすそうで、まだ持ってないので水だけ
入れてある。いい感じに動いている。

|

« 冬は冬 | トップページ | 分厚い封書 »