« 運の使い路について | トップページ | 虹色の煙 »

冬は冬

木枯し1号が吹く。真冬みたいな寒さ。
先日デッサン道具と本を持参して近所のカフェにゆく。
ちょっと前まで駅前にはスーパーと高校くらいしか
なかったのに、この所ずいぶん発展してきている。
2時間くらい過ごした後カフェを出ると雨が降っており
その日は降る予報が出てたので持参した傘を開く。
てくてくと歩道を歩いていたところ、ピシャアーーッと
大きな水溜りを通った車の水しぶきが全身にかかる。
あまりに見事な水のかかり具合で、漫画みたいだと
思う。ジーンズは見事に水玉模様となり、しばらく
ショックで呆然とする。再び歩き始めると水を
浴びたので寒くなってきてガタガタ震えながら帰途。
やれやれ、えらい目に遭ってしまった。

夜、みかん籠の横にだいぶん前から置いてあった
見慣れないパッケージのチョコレートを食べる。
母が通うサークルの人からのお土産とか。
自分の口のサイズに対し、やや大きめの正方形で
口を真四角にして一生懸命頬張る。固かったけれど
美味しかったのでどこで売ってるやつか知りたかった。
その後お風呂の順番が回ってきたので脱衣所にゆき
ふと鏡を見ると、口元にベッタリとチョコレートが
付いている。衝撃の光景。漫画みたいだった。
数分前に弟とすれちがう時、なにかギョッとしたような
気配を感じたのは気のせいではなかった。

今年ももれなく11月病がやってきている。
昨年このけだるさの正体は低気圧だと勝手に
確信し、原因は分かったけれどどうすりゃいいのか
対策は見付からず、やり過ごす。

|

« 運の使い路について | トップページ | 虹色の煙 »