映画館は存続

先日膳所にゆく。
大津PARCOの閉店セール。
ユニクロで紺色のTシャツと
リラコを購入。合わせて¥1,100。
SALEだいすき。
明日は京都へ搬出。

|

夏休みの宿題

毎日が夏。とても暑い。
先月初旬、イベントの交流会があり
東京にゆく。2泊したのだけど、ホテルは
1泊ずつ変える。たしか2泊目のほうで、
チェックアウトして朝食をとる為に喫茶店を
探していると駅前にパン屋があった。

中に入ると、レジを打つ人、パンを焼く人
何やら皆おばあさんだった。ちょっと
めずらしい感じがする。何にしますか?と
聞かれたので朝食Aセットを注文する。
バター付きのトーストにサラダ、ヨーグルト、
ゆで卵からひとつ選ぶ仕様になっており、
ゆで卵のセットで、と伝える。すると
「え?」と聞き返され、こちらも「えっ?」と
なってしまい、もう一度「ゆ、ゆで卵を・・」と
言い、結局4回くらい「ゆで卵」を連呼する。
何だかものすごくゆで卵が食べたい人
のようになってきて、レジの女性に
「ああ、ゆで卵ね、うふふ」と微笑まれる。

その後番号の書いてある札を渡され、
テーブルの上に置いて待つ。暫くすると
朝食セットを運んできてくれたのも
やっぱりおばあさんだった。店内を
見回してみると、やっぱり皆おばあさん
だった。ここが地元であったならば
間違いなくこの店に通うのにと
思ったのだった。

|

世界陸上

引退、ラストラン。
さびしいな。

|

アイスクリーム

先日母が、
「シシトウを育てているつもりだったのに
ピーマンが出来てしまった」と言う。

現在うちの畑にはキュウリやらトマトやら
いろいろ生っている。
昨日は育ちすぎた巨大なキュウリが
台所のテーブルにあり、これはきっと
食べないんだろうなと思ってた。
ゆうべは冷やし中華だった。食後に
お皿を流し台の所に持ってゆくと、
あの巨大なキュウリが半分くらいに
カットされてた。そういえば冷やし中華に
キュウリが入ってた。

昨日は税務署の後に市役所にも寄る。
ここは自分の生まれ育った土地なのに
今だに市役所までの道順が分からない。
結局、スマホで地図を検索し、
湖岸道路を右折、という遠回りだけど
一番簡単な道をゆく。
着いたと思ったら間違えて市民会館の
駐車場に到着してしまい、再検索。
その後市役所でちょっとイヤな事があり、
家に帰ってからアイスクリームを食べ、
自分の機嫌を取る。

|

高山の上

夏。呼吸するみたいに「暑い」と
言ってしまう。
先日請求書を送ったところ、
不備があった旨の連絡を貰う。
もういい大人なのだから、どうして
送る前に気が付かないのだろう。

火曜の午前、整骨院にゆく。
もうほとんど治ったし、きっと今日も
整体とマッサージだな、と待合室で
水を飲んでリラックスする。
名前を呼ばれ、この辺の痛みがまだ
取れなくて、と現状を報告する。
すると「久しぶりに鍼、しましょうか」と
言われ、うろたえる。完全に油断してた。
久しぶりの鍼。不意打ちだった。

思えば半年くらい前から
行きつけのマッサージ店があれば
いいのにな、と思い探してた。
現在こうして近所の医院に通っている。
「行きつけ」という言い方はちょっと
違うような気もするのだけど、
痛くなったらここに来れば良いという
場所が出来たので安心している。

昨日は税務署にゆく。
山積みになっていた諸々の問題が
ほぼ解決し、「ヤッホーーーッ!!」と
叫びたいくらいの気持ちになる。

|

宵山

メンテナンスといえば、この猛暑の中
最近まめにジムに通っている。
暑さのおかげで大量の汗を流すことができ
それがとても気持ちが良い。
ベットンベットンになる訳だけど、それを
一気に洗い流して冷房のある部屋で
扇風機に当たる。夏も悪くなかった。

以前は絶対週1と意気込んでいたけど
作業が立て込んでいる時は不可能と
分かり、今は時間がある時に行くことに
している。たまにひと月程空くこともあるけど
まあいいかと思っている。このやり方が
自分の生活サイクルに定着してきたので
ひとまずよしとする。

そしてそろそろジム用のかっこいいウエアが
欲しい。こないだファストファッションの店に
ズラリと陳列されてた。欲しかった。
でも何だかやたらとパツパツした感じで
躊躇してしまった。自分が通っている施設には
プールもありスイムウエアも気になっている。
サウナがあったらいいのにな、と個人的には
思っている。

今日は毎年開催の協同企画展に出品する
絵をクロネコから発送する。
参加させてもらうのは今年で3回目。
まだいちども見に行けてないので
今年こそは行きたい。

|

あとで聞いた話だけれど、
あの晩の自分と同じ様な症状で
救急車を呼ぶ人もいるそうだった。
自分も一応、夜間診療に電話をかけて
みたけれど、内科と外科のみと言われ
諦め、朝までおとなしくしてた。

以前から鍼・灸・整体といったものに
興味があり、受けてみたいと思ってた。
今回否応無く体験することになり、
変な話ちょっとだけ満足している。
今後も時々メンテナンス的に通うのも
いいかも、と思っている。

鍼はやっぱりイタイんだけど、
先生がもう打つ気配が無く、今日は
無いのか、と思うとちょっと残念な
気持ちになってしまう。
もう痛みがほとんど治まったので
必要無し、という判断なんだと思う。
なので次回も無いな、たぶん。

|

6月。初めての鍼。
ある金曜の晩、布団に入ろうとした所
体を横に倒す事が出来なかった。
溯ること約1週間前。肩に痛みを感じる。
疲れてくるとこれくらいの不調は日常で、
いつもの様にサロンパスを半分にカットし、
痛いところに貼る。これで2、3日後には
だいたい治っている。ところが。
今回なかなか良くならず、徐々に痛みが
強くなってきていた。その時進行中の作業が
完了したら病院に行こうと思っていたところ、
悪化してしまったようだった。

ほぼ睡眠がとれないままようやく朝を迎え、
家から数歩のところにある整骨院にゆく。
ひどく天気の良い日で、超睡眠不足の身には
日差が眩しすぎた。少し動かすと激痛が走る
ような状態でベンチに座り開院を待つ。
診療が始まるとともかく炎症を抑えましょう
ということで、しばらくの間アイスノンで
肩を冷やす。

3日後、炎症が治まり鍼を打つことになった。
鍼と言っても針。痛いのだろうかと考える。
整骨院へ行く前に、それと無く母に訊ねると、
「まあ、マチ針を刺すわけやなし・・・」
との返答。一体その昔、中国の人は何故身体に
針を刺そうと思い立ったのだろう。

個人的な感想としては、普通に痛かった。
先生が仰るには、かなり筋肉が張っている状態
だからね、という話だった。しばらくの間は
普通に肩と背中に針をたくさん刺したような
ヒリヒリした感じで熱を持っていたけれど、
痛みには抜群に効果があった気がしている。
中国四千年に感謝。

現在まだほんの少し芯の部分に小さな痛みが
残っているくらい。もしかしたらこれはずっと
以前から日常的にあったものかもしれない。
現在も週1で通院しており、折角なので
全部治してしまえればいいなと思う。

|

5月。GWくらい何か世のためになることをしようと
献血にゆく。初献血。行ってみるとなかなか採血まで
辿りつけず、事前のチェックをひとつひとつこなす。
海外渡航の有無、大病の有無等々、すべてクリアし
ようやく血液チェックまで到達。しかし何かの値が
足りなかったらしく、そこで脱落。ちなみに隣にいた
女の子は体重が既定値に足りなかったようで、
かなり最初の時点で不可となってた。お互いに
残念だった。また挑戦してみることにする。

|

曇り空

「ここら辺は、昔は電車が通っていてね・・・」
突然話し掛けられたのでびっくりする。

東京に住んでいた頃、部屋の前に公園があり
白樺の木がたくさんあった。それを卒業制作用に
写生していた所、隣におばあさんがやってきて
話し掛けられる。その後も別の人に話し掛けられ、
たぶん、暇つぶしに絵を描いてるように見えたん
だろうと思う。しかしこちらは卒業がかかっている
ので超真剣だった。結局、使い捨てカメラで撮った
写真を見たり、時々見に行ったりして描いてた。

ふと千葉の写生会もそんなことがあったなあと
思い出してみるけど、こないだ学校がなくなった
ので、もう今年からあの海岸には誰も行かなく
なるのかなと思う。

全然関係ないけれど、京都に行ったとき
学生の頃によく行ってた古着屋さんに入る。
いろいろ変わってて、店員さんも昔はわりと
ほっといてくれたけど、こないだは笑顔でなんや
かんやと話し掛けてくれるので、ゆっくり
見られなくなった。店員さんも仕事だから
仕方ないんだろうけれど。

そういえばその店を教えてくれた友人とは
すっかり疎遠になっている。しかし最近NHKの
手話の放送に彼女にそっくりな人が出ていて
とても可笑しかった。

|

梅雨の前

ゆうべ初スイカだった。と思ったら、よくよく思い返して
みると先週、回転寿司でスイカを食べたのだった。
どちらも美味しかった。

今日は朝から下描をする。縦線と横線ばかりのものが
あり溜息。絶対修正コースだなと思う。
はあ、と思いながら紙の上に線をのせていったところ
なんと失敗せずに完成。驚いてしばらく感動する。
ずっと出来ない出来ないと思っていても、なんとなく
何度もやっているうちに出来るようになってくるのだと
人間の成長を実感する。
しかし次に楕円形っぽいものを描いていたらこちらは
ゆがみまくって、即修正コースだった。
焦らず、一歩ずつ。

夜請求書を投函しにゆく。夜の散歩は気持ちが良い。
「7」と背に書かれたシャツを着ている男の子が
ランニングしてた。ふとジムにゆかずとも、夜近所を
歩き回ればタダだな、と思う。

家に帰るとカギが掛かっている。
さっきまで無かった弟の車があり、自分が出ている間に
帰ってきた様子だった。また締め出された。
ピンポンを鳴らして母にカギを開けてもらい中に入る。

|

Book+

Book


東京・初台で開催のブックイベントに参加します。
私は線画集の手製本『Wind』を作りました。
お時間ありましたら、是非お立ち寄りください。


*  *  *  *  *

「Book+」

2017/6/7 wed. ~ 7/1 sat.
※月曜・火曜 お休み 

13:00~20:00
※6/17(土)、18(日)は17時から
※入場は閉館の30分前まで

Cafeでの展示になりますので、
ドリンクのオーダーをお願いします。


MOTOYA Book Café Gallery

〒151-0061 東京都渋谷区初台2-24-7


☆作家DAY

7月2日(日)13:00~17:00
入場料(チケット制):¥500
※¥500のチケットは、ドリンクや作品の購入に
ご利用いただけます。

出展者も多く在廊しています。
交流の場として、お楽しみください。
※混雑時は、お席がご用意できないこともあります。
ご了承ください。

*  *  *  *  *


最終日は毎年大変混み合うそうです。
のんびりご覧いただくには他の日がよろしいかも
しれません。


|

okadaya

NHKのドキュメントを見る。okadayaだった。
懐かしすぎた。

今日は今年初扇風機。
昨日は初蚊取線香だった。

|

珊瑚色

とても気に入っていたその色のピアスがずっと見当たらず、
どこかで失くしてしまったものと諦めていたのだけれど、
さっき見付かる。旅行用の小さいポーチの中に入ってた。

冬に、ベッドを動かして壁際に掃除機をかけていたところ
カランカランと何かを吸い込んだような音がする。一瞬
何だろうかと気になったけれど、そのまま作業を続行。
しばらくして、一番気に入っているパールのピアスが
ケースに入っていないことに気が付く。あれだったのかと
小さく肩を落とす。それも諦めていた所だったけれど、
ある日がまぐちの財布を久しぶりに開けてみたところ、
そこに入ってた。

とにかくよかった。

|

繕いの便り展




P1010036




P1010035




P1010037




P1010039




P1010041_2







ありがとうございました。

SEWING GALLERY
2017.1.18 - 2.5



|

緑の癒し

春。花粉。まだとても寒い。
先日、東京での展示参加者の集まりに参加しようと
宿をとる。しかしカレンダーと睨めっこをした結果、
やはり行けそうにないので断念する。
とても残念だけど仕方なし。全く関係ないけど
無性に温泉に入りたいと思う。

先日近所でエアプランツを買う。
初めてのグリーン。TVの前に置く。とてもいい感じ。
ただ、まさかこんなに成長が早いとは思わなかった。
どうしたらいいんだろう。

|

獅子舞の夢

さっき獅子舞がやって来て、頭を噛まれる。
昼過ぎ、笛の音が聞こえて2階の自室の窓から
様子をうかがう。すぐそこまでやって来てた。
1階に下りて隣の家に行く様子を窓の隙間から
そっと覗いていると、一団と目が合う。
気付かれてしまった。居間で横になってTVを
見ている父に、獅子舞の動向を伝える。
玄関の鍵を開けておくようにと言われ、開錠。
獅子舞を迎える準備をし待機する。

そして玄関前に獅子舞登場。お札を手渡され、
父が小さいお盆に載せた封筒を渡す。お祓い
みたいのがあり、最後に頭を、と促される。
おずおずと獅子舞のほうに頭を近付ける。
噛まれる。何ともいえない気持ちだった。
私が終わると父のほうに向きを変え、また頭を
促されるも、「あ、いいです」と父が断る。
その後獅子舞を見送り、作業に戻った。

|

白いニワトリさん

ちょっと早いけど、今日春一番が吹いたそうだし
今季の冬を振り返ってみる。2回も風邪をひく。
それは良くないことだけどいつもとは違ってた。
今迄は滅多に風邪をひかないけど、いちど
ひいたらば必ず寝込む。今回はどちらも
寝込むことなく基本的にずっと元気だった。
ひょっとすると昨年の秋から始めたジムの
効果ではないだろうか。もしくは、
もうひとつ新しく始めたことに腹巻があり、
このどちらかではないかと考えている。

今朝朝食で卵を割ろうとしたら、殻に
白い羽毛がくっついてた。引っ張って取ろうと
したけれど取れなかった。とくに朝食への
支障は出なかったけど。

|

これからの文明

3年位前まで、うちのコタツは電気ではなかった。
豆炭という炭をガス火でいこして、コタツに設置。
使用後灰になったら捨てる。温かさは個数で調節する。
電気はまったく使用しない。電気よりもホワッと
温かいのでよかった。いつの間にやら電気に変わり
その理由を家族に聞いてみたところ、「面倒くさい」という
残念な返答だった。

あと炊飯器がガスで炊くタイプ。なので万が一
停電になってもご飯は食べられる、と思う。
なんかこう、電気を使わない家電製品がもっと
増えたらいいのにと思う。もしかしていろいろ
出てるのかもしれないけど。知らんだけで。

|

内祝

先日とある荷物が届き、何だろうかと中身を
開けてみると「内祝」と書かれてある。
先月末に大阪にゆく。展示を見に行こうと思い、
折角なので大阪の友人に連絡してみる。
まだ結婚祝いを渡していなかったことを思い出し、
当日揃いのお箸と箸置を贈ったのだった。

先週くらいだったか、昨夏結婚した従姉からも
内祝をもらったところで、中身は香水。これは
自分が選んだもので、以前この香水の挿絵を
描いたことがあり、その時からどんな香りが
するのかずっと気になっていた。つけてみると
都会の百貨店みたいな香りがした。

携帯電話の会社に解約の電話を入れたものの
いまだスマホの申込はしておらず、なかなか
新しい一歩が踏み出せない。今週だけでも
スマホがあったら、と7回くらい思ったというのに。
長年親しんだこの着信音がもう聞けなくなると
思うとさびしい気持ちになり、なんとなく
先延ばしにしてしまっている。

今日も雪。昨日からまた冬に逆戻り。
2月は冬が本気を出してくる。1月くらいまでは
まあぼちぼち寒い、というくらいだけど、
2月に入るとホホバオイルもボトルの中で
カチカチに凍っている。まるで冷凍でも
したみたいだ。部屋でも暖房器具はフル稼働
している。今停電になったらどうするんだろう。
全部電気だ。いやでも。本当にどうするんだろう。

|

ボア付きソックス

お芋さん。と母が言う。
どうして芋だけ「さん」付けして呼ぶんだろう。
お大根さん、お茄子さん、とは言わない。芋だけ。
年末あたりからずっと気になっている。
たまにジャガイモ、とフルネームで呼ぶ時もあり、
今呼び捨てにした、と思ってしまう。
しかし年始くらいにもうひとつ。さん付けされて
いる食べ物を発見する。お豆さん。ごくたまに
豆ちゃん、と呼ばれる時もある。そんな風に
時々「ちゃん」付けされる人っている気がする。
そして昨日もうひとつ、さん付けされるものを
台所で発見する。父がお釜さん、と言った。
お米を炊くお釜。お芋とお豆とお釜は、台所で
ちょっと地位が高いんだろうか。そういえば、
祖母が昔お芋さん、と呼んでたような気がした。

|

四葉

花の絵を描こうと思い、クローバーに目が止まる。
昔阿佐ヶ谷のアパートに引っ越した時、大家さんが
四葉のクローバーを押し花にしたものをくださった。
そのおじいさんは多分部屋を契約した人みんなに
贈っている様子だった。
さっきそれを思い出したのだけど、ふと花言葉を
見てぎょっとする。「幸運」「約束」「復讐」。
最後の言葉がおそろし過ぎる。あのおじいさんは
「幸運」の意味でくださったと信じとこう。

|

愛用品

9年2ヶ月。阿佐ヶ谷だったか、練馬だったか、
どこかの商店街の携帯ショップで一目惚れして
即決する。たしか外人向けとかで、黒一色の
とにかく薄くて軽いデザインが今でも本当に
気に入っている。着信音も初期設定のままで、
ついに変えなかった。それも気に入ってた。
東京時代から使っていたことも愛着する理由の
ひとつで、いい時もそうでない時もいつも一緒に
過ごしてきた。思い出がたくさん詰まっている。
やっぱり変えるのやめようかな。解約の電話を
する前に躊躇する。でも、仕方が無い。
これからは引き出しに大事にしまっとこう。…

|

大雪

いくらなんでも降り過ぎだと思う。
なんだかもう、雪が積もり過ぎて家がかまくらみたいに
なってきている。

先週だったか、強い寒波が来て、その時も
窓とかドアが凍り付いてびびったけれど、今回もまた
大変な状態になっている。まず止まない。ずっ…と
降り続いている。しかも積もるタイプの雪なので
積もる一方だ。

全国ネットの天気予報でも市内の様子が
映っていたので、やっぱり降り過ぎなんだと思う。
とはいっても。こんな寒さもあと一ヶ月というところ
だろうか。そう考えるともうちょっとだなと思う。

|

雪降りさん

Image


|

暖をとる

今日の作業に目処が付き、午後車で出掛ける。
家を出発すると向こうの空模様がおそろし過ぎる。
こちらは晴れて日が差しているというのに、北の
方角の雲が分厚く、どす黒く、映画なら悪魔か
巨大隕石が登場しそうな空だった。あれはこちらに
やってくるのだろうか。夜地域のニュースを見たら、
どうやら長浜あたりは雪が降っていたようだった。

年末、母がふらりと柚子を買う。ひとつ。
それから毎日台所の食卓に座ると目の前に
ぽこん、と置いてある柚子と目が合う。
ちょうどその頃、「きょうの料理」で大原さんが
柚子料理を作ってた。くずひき。
母が昔よく祖母に作ってもらったというので
ちょっとやってみることにする。
概ねレシピ通りに作製。そして器に入れ、
母に見せたところ、ちょっと違うと。
自分は実際にくずひきというものを見たことも
食べたこともないのでよく分からなかった。
でも材料を見る限り、そんなにすごく美味しい
というものでもないような気がしている。
柚子の生姜湯は美味しかったけど、ちょっと
生姜を投入し過ぎて驚くべき辛さだった。
かなり口の中がホットになった。

|

剽軽なスタンスで

なんだか知らないけど疲れており、部屋の整理が
まったく進まない。すごくだらだらしている。
だらだらしながら来年の目標を考えてみる。
毎年張り切って考え、未実行に終わっている。
その反省を活かし今年はひとつに絞ることにする。
来年の目標は『早起』。以上とする。

作家の角田さんは何十本もの連載を抱えても
9時ー17時の規則正しい生活を送っていると
TVで知る。週末は一切執筆はしないそうだった。
かっこいいなと思う。すごく憧れる。
とりあえず目覚まし時計を買うことから
始めてみたいと思う。一日一歩。やがては
週末に早朝ウォーキングができたらいいな。

|

国際交流

先月、とある料理番組に女優さんが出ていて
すごくめずらしい感じがする。そのとき彼女がサラダの
レシピを紹介してて、早速挑戦してみたところ、
訳の分からない味になった。これはおそらく、日頃から
オシャレなものを食べているような人たちとは味覚が
違うんじゃないだろうかと考える。しかしその後も、
そのよく分からない味のサラダを毎日のように
朝食として食べていたところ、ふと何気なく調味料の量を
全体的に減らしてみる。すると、めちゃめちゃ美味しくなった。
つまり、分量が間違っていたようだった。

そのサラダにはクミン、という香辛料を入れる。
クミン。クミンて何なんだろう。その頃TVを見ていても
本を読んでいても、やたらとその名を聞く。とりあえず
スーパーに探し求めにゆく。見付けられなかった。
帰りに百均に寄ったら、あった。これがクミンかと思う。
どうもカレーによく使われるものらしかった。

翌日早速そのサラダに入れると、変な香りがする。
これのせいでおかしな味になっているのでは。
そう思ったけれど、これがないとこのサラダは
始まらないような気もする。その後クミンを入れ過ぎて
いることに気が付いてからはクミンと仲良くしている。

|

あとちょっと

年末。晴れ。今年は妙に天気の良い日が多い。
おととい、今年最後の納品が完了し、白っぽいセーター類を
まとめて洗濯する。そして今日は黒っぽいセーター類を
一気に洗濯して干す。

裏地あったかパンツ、というのをCMで知ってからというもの
ずっと気になっている。なんと分かりやすいネーミング。
もう気になり始めてから数ヶ月が経過しており、まだ
手に入るんだろうかと不安になる。
そういえば、この場合のパンツはパンツではなく、
ジーンズのことなのだけど、じゃああのパンツのことは
何て呼べばいいんだろうか。今だに抵抗があって
なかなかそう呼べないのは自分だけではない筈だ。

先日市内で車を運転していたらパトカーが前に入ってきて
すぐ後ろを運転することになってしまい、落ち着かない。
自転車でウロウロしているお巡りさんも見かけたし、
年末だからかなと思う。

卓上の加湿器を毎日スイッチオンにする。
ただ。なんでだか分からないけど、だいたい朝いちだと
水蒸気の煙がすごくか細い。本体を振ったり何度か
スイッチオン、オフ、オン、とやるとやっと動き出す。
そしてしばらくすると、シューシュー、と元気に動き出す。
持ち物って持ち主に似てくるんだろうか。

今日はすでにパンク状態の本棚とタンスの整理をする。
晩御飯はお好み焼きらしい。

|

シワス2

雪→霙

|

«シワス