ブックイベント開催中です



Image




Image_2




Image_3


現在開催中の「三条富小路書店8」に
カレンダーを出品しています。
よろしくお願いします。


|

OHANA CALENDAR 2018

本日から京都で開催のブックイベント、
三条富小路書店8」に出品しています。

二ヶ月ごとに花のイラストを描いています。
1枚ずつ違う色の紙に印刷しました。


Ohana_calendar


Ohana_calendar2


「OHANA CALENDAR 2018」
¥600(込)



|

このティッシュ、やわらかいヨ

鼻セレブのティッシュの箱に、
ブタさんの写真が入っていて
よく目が合う。
とてもつぶらな瞳をしている。

アップデート。
先日うっかり
「夜のうちにアップデートしますか?」
という質問に寝ぼけて「はい」と答えたらしく
画面が変わってしまった。
全力で「いいえ、まだ結構です」だったのに。
やっと少し慣れてきた画面が変わってしまい
見るたびに滅入ってしまう。

ぞうさん。
この童謡の歌詞を書いた人について
TVで特集をやってた。
その歌詞について、今まで一度も
きちんと考えたことがなかったのだけど。
とても深い意味が込められた歌なのだと
初めて知る。それを聞いた時、
ちょっと泣きそうになった。
なんと強く優しい詩なのだろう。
まだ感動している。

まだ11月半ばだというのに、
毎年こんなに寒かっただろうか。
なんだかもう全力で冬のような
寒さでイヤになる。

|

東の夜

東京に行ったとき、母校に行く事の他に
もうひとつ大事な用事があった。
かれこれ10年以上音沙汰の無かった
当時の友人と会う約束をする。

駅で待ち合わせをし
あえて髪型や服装も聞かず、自力で
発見しようと試みる。1秒で発見。
ちっとも変わっていなかった。
その日地元のお土産を持参していくも
話に夢中になり過ぎ、なんと渡し忘れる。
わざわざ買いに行ったのでショックだった。

彼女は上京したばかりの頃に
アルバイト先で仲良くなった人であった。
当時は毎日が慌しく、せわしなく、
何が何やらもう訳が分からないような
日々だったけれど、今思い返してみると
楽しかったという記憶しかない。
夢中だったのだと思う。

その時はなんて無意味で不毛で
ろくでもない毎日なんだと嘆いていたけど
そうではなかったのだと今は分かる。

|

まだ10月だけど、あっという間に年の瀬が
きそうなので早めに今年を振り返る。

4月、東京の母校にゆく。
まだ生徒だった頃、地下ギャラリーで
芳名帳的な白いノートの書き込みを見る。
そこには10年ぶりにここに来たという
書き出しで、当時を思い出してとても懐かしい
と書いてあった。その時、自分もいつか
卒業してこんな風にここにやって来て
こんな書き込みをするのかなあと
ボンヤリ想像したことがあった。

校舎を訪れるのはほぼ10年ぶりだったので
それを思い出し、時の流れを感じる。
しかし、まさか閉校を理由にここに来る事に
なるなんてさらさら夢にも思わず。
これから先のことなんて本当に誰にも
分からないものだった。

なんとなく校舎の中には入らず、
外から当時と全く変わらない景色を眺め
坂を下りる。

|

妖精のキモチ

台風接近。ひたすら雨続き。

とある画像を探す。
いつかPCに保存した記憶はあるけれど
どのフォルダかさっぱり分からず。
そうなるともう、探しようがない。
しばしあちらこちらを覗いてみるも
発見できず、諦める。
おとといだったか、未整理のフォルダを
眺めていた所、ふと発見。
ここにあったのかと納得。
入れるべき場所に移動させる。

いつも何でもそうだと思うのだけど、
探しモノは探している時は見付からず、
忘れた頃に突然現れる。
つまり、天邪鬼なのだろうか。

そういえば、去年の初詣だったか
母のおみくじの失せ物欄に、
「既に他人に持ち去られている」と
書いてあり、たいそう気の毒だった。

|

愛の物語

雨続き。たまに夏みたいに暑い日が
出現することもあるけれど、完全に秋。

平日にすべて納品が終わり、
いたく平和な気持ちで過ごす週末。
先日の金曜日はやや不穏な空気を感じ、
何となく今日の占いをチェックしてみると、
ほとんどの占いで最下位だった。
とてもおそろしい気持ちになり、外出は
控えようと思ったけれど、どうしても
カフェでやりたいことがあり、果敢に
外出する。意外と大丈夫だった。

いつも行く近所のカフェでは、
何を頼んでも「小さい豆」がもれなく
付いてくる。なので、自分はこの豆を
自動的によく食べることになる。
なんかこういう“おまけ”って
ちょっといいなと思う訳で、昔東京で
石神井公園の駅近くのカフェでも
珈琲を頼んだら、クッキーが付いてきた。
その時もいいなと思った。
近所のカフェに付いてくる豆は
それほど美味しいとも思わないけど
ちょっとだけ健康になる、とかなら
すごくいいと思う。

そんな事より、いつものように
そのカフェで過ごしていると、突然
「北斗の拳」のテーマソングが
流れてきた。ここはいつも昔の歌が
流れているので、有り得るのかも
しれなかったけど、アニメソングは
初めてのような気もしてた。
きっとアニメソングのカテゴリではなく、
それを歌ってた歌手名のほうで
カテゴリされたんだと思う。
それからというもの、ここ数日
「北斗の拳」が頭から離れなくなり、
マイブームが始まってしまった。

|

二匹のワニさん

母はよくハナヤという名の店で
パンを買ってくる。
どうしてパンヤじゃないんだろう。
いつもややこしい、と思う。

今外から鈴虫の声が聞こえる。
あっという間に9月が過ぎてゆく。
そろそろ衣替えをしなくてはと思う、
今日この頃。

|

勝った!!勝ったで!!
やった~!!!

|

無許可

先日、弟がケーキを買って帰ってくる。
丁度その日自分はお腹の調子があまり
良くなかったのでタッパーに入れて
冷蔵庫に入れといた。
翌日15時のおやつにそれを食べようと
楽しみにしてた。15時になり、冷蔵庫を
開けるとケーキを入れたタッパーが
見当たらない。
そばにいた父に訊ねてみると、さっき
母が食べたという。15時の楽しみ消失。

ふつか程前から、セミの声に
ツクツクボウシが混じってきた。
時々家の中に吹き込む風にも
冷たいものがあり、ゆっくりと夏を
終える準備が始まっている。

|

最近とてもご贔屓の女優さんがいて
彼女が出ている映画やドラマばかり
見ている。
以前、彼女が脇役をしている映画を
見た事があり、憶測なのだけど
その映画の監督さんは撮影しているうち
彼女に夢中になってしまったのでは
ないかなと思った。
誰が言ったか知らないけど、昔誰かが
彼女が画面に入るとそれだけで
絵になってしまう、と言ったとか。
すると映画は動画なので、ずっと
動く絵を見ているってことかな。
だからずっと見てられるのだろうか。
その監督さんも撮らないではいられない
気持ちになっちゃったんだろうなと
勝手に思っている。

このところ、ずっと気が進まぬまま
どうしたものだろうかと思っていた
問題がようやくひとつ決着する。
ホッとしている日曜日。

|

昨日の暑さは尋常ではなかった。
ずっとサウナに行きたいと思い、
探しているのだけど、なかなかここという
場所が見付からなかった。
昨日朝食にカレースープを作る。
朝パンとそれを食べたところ、
汗が滝のように流れ、止まらない。
午前中ずっとそんな状態だった。
セルフサウナ。

いつも基本的に冷房は入れず、
午後どうしても暑い時だけ入れている。
毎日本当に信じられないくらい
汗をかく。

|

食わず嫌いはよくない

今日も真夏日和。
最近お気に入りの女優さんがいて、
彼女が出ているとあるドラマを録画。
再生してみると、プチホラーだった。
自分は夜が苦手なので極力そういう
類のものは見ないことにしている。
しかし、見始めると止まれない。
このドラマは喜劇的なタッチなので
お化けも造りモノと分かるような、
子供でも見られる怖さにしてあった。
なので自分もギリ大丈夫だった。
結果、超面白かった。

|

映画館は存続

先日膳所にゆく。
大津PARCOの閉店セール。
ユニクロで紺色のTシャツと
リラコを購入。合わせて¥1,100。
SALEだいすき。
明日は京都へ搬出。

|

夏休みの宿題

毎日が夏。とても暑い。
先月初旬、イベントの交流会があり
東京にゆく。2泊したのだけど、ホテルは
1泊ずつ変える。たしか2泊目のほうで、
チェックアウトして朝食をとる為に喫茶店を
探していると駅前にパン屋があった。

中に入ると、レジを打つ人、パンを焼く人
何やら皆おばあさんだった。ちょっと
めずらしい感じがする。何にしますか?と
聞かれたので朝食Aセットを注文する。
バター付きのトーストにサラダ、ヨーグルト、
ゆで卵からひとつ選ぶ仕様になっており、
ゆで卵のセットで、と伝える。すると
「え?」と聞き返され、こちらも「えっ?」と
なってしまい、もう一度「ゆ、ゆで卵を・・」と
言い、結局4回くらい「ゆで卵」を連呼する。
何だかものすごくゆで卵が食べたい人
のようになってきて、レジの女性に
「ああ、ゆで卵ね、うふふ」と微笑まれる。

その後番号の書いてある札を渡され、
テーブルの上に置いて待つ。暫くすると
朝食セットを運んできてくれたのも
やっぱりおばあさんだった。店内を
見回してみると、やっぱり皆おばあさん
だった。ここが地元であったならば
間違いなくこの店に通うのにと
思ったのだった。

|

世界陸上

引退、ラストラン。
さびしいな。

|

アイスクリーム

先日母が、
「シシトウを育てているつもりだったのに
ピーマンが出来てしまった」と言う。

現在うちの畑にはキュウリやらトマトやら
いろいろ生っている。
昨日は育ちすぎた巨大なキュウリが
台所のテーブルにあり、これはきっと
食べないんだろうなと思ってた。
ゆうべは冷やし中華だった。食後に
お皿を流し台の所に持ってゆくと、
あの巨大なキュウリが半分くらいに
カットされてた。そういえば冷やし中華に
キュウリが入ってた。

昨日は税務署の後に市役所にも寄る。
ここは自分の生まれ育った土地なのに
今だに市役所までの道順が分からない。
結局、スマホで地図を検索し、
湖岸道路を右折、という遠回りだけど
一番簡単な道をゆく。
着いたと思ったら間違えて市民会館の
駐車場に到着してしまい、再検索。
その後市役所でちょっとイヤな事があり、
家に帰ってからアイスクリームを食べ、
自分の機嫌を取る。

|

高山の上

夏。呼吸するみたいに「暑い」と
言ってしまう。
先日請求書を送ったところ、
不備があった旨の連絡を貰う。
もういい大人なのだから、どうして
送る前に気が付かないのだろう。

火曜の午前、整骨院にゆく。
もうほとんど治ったし、きっと今日も
整体とマッサージだな、と待合室で
水を飲んでリラックスする。
名前を呼ばれ、この辺の痛みがまだ
取れなくて、と現状を報告する。
すると「久しぶりに鍼、しましょうか」と
言われ、うろたえる。完全に油断してた。
久しぶりの鍼。不意打ちだった。

思えば半年くらい前から
行きつけのマッサージ店があれば
いいのにな、と思い探してた。
現在こうして近所の医院に通っている。
「行きつけ」という言い方はちょっと
違うような気もするのだけど、
痛くなったらここに来れば良いという
場所が出来たので安心している。

昨日は税務署にゆく。
山積みになっていた諸々の問題が
ほぼ解決し、「ヤッホーーーッ!!」と
叫びたいくらいの気持ちになる。

|

宵山

メンテナンスといえば、この猛暑の中
最近まめにジムに通っている。
暑さのおかげで大量の汗を流すことができ
それがとても気持ちが良い。
ベットンベットンになる訳だけど、それを
一気に洗い流して冷房のある部屋で
扇風機に当たる。夏も悪くなかった。

以前は絶対週1と意気込んでいたけど
作業が立て込んでいる時は不可能と
分かり、今は時間がある時に行くことに
している。たまにひと月程空くこともあるけど
まあいいかと思っている。このやり方が
自分の生活サイクルに定着してきたので
ひとまずよしとする。

そしてそろそろジム用のかっこいいウエアが
欲しい。こないだファストファッションの店に
ズラリと陳列されてた。欲しかった。
でも何だかやたらとパツパツした感じで
躊躇してしまった。自分が通っている施設には
プールもありスイムウエアも気になっている。
サウナがあったらいいのにな、と個人的には
思っている。

今日は毎年開催の協同企画展に出品する
絵をクロネコから発送する。
参加させてもらうのは今年で3回目。
まだいちども見に行けてないので
今年こそは行きたい。

|

あとで聞いた話だけれど、
あの晩の自分と同じ様な症状で
救急車を呼ぶ人もいるそうだった。
自分も一応、夜間診療に電話をかけて
みたけれど、内科と外科のみと言われ
諦め、朝までおとなしくしてた。

以前から鍼・灸・整体といったものに
興味があり、受けてみたいと思ってた。
今回否応無く体験することになり、
変な話ちょっとだけ満足している。
今後も時々メンテナンス的に通うのも
いいかも、と思っている。

鍼はやっぱりイタイんだけど、
先生がもう打つ気配が無く、今日は
無いのか、と思うとちょっと残念な
気持ちになってしまう。
もう痛みがほとんど治まったので
必要無し、という判断なんだと思う。
なので次回も無いな、たぶん。

|

6月。初めての鍼。
ある金曜の晩、布団に入ろうとした所
体を横に倒す事が出来なかった。
溯ること約1週間前。肩に痛みを感じる。
疲れてくるとこれくらいの不調は日常で、
いつもの様にサロンパスを半分にカットし、
痛いところに貼る。これで2、3日後には
だいたい治っている。ところが。
今回なかなか良くならず、徐々に痛みが
強くなってきていた。その時進行中の作業が
完了したら病院に行こうと思っていたところ、
悪化してしまったようだった。

ほぼ睡眠がとれないままようやく朝を迎え、
家から数歩のところにある整骨院にゆく。
ひどく天気の良い日で、超睡眠不足の身には
日差が眩しすぎた。少し動かすと激痛が走る
ような状態でベンチに座り開院を待つ。
診療が始まるとともかく炎症を抑えましょう
ということで、しばらくの間アイスノンで
肩を冷やす。

3日後、炎症が治まり鍼を打つことになった。
鍼と言っても針。痛いのだろうかと考える。
整骨院へ行く前に、それと無く母に訊ねると、
「まあ、マチ針を刺すわけやなし・・・」
との返答。一体その昔、中国の人は何故身体に
針を刺そうと思い立ったのだろう。

個人的な感想としては、普通に痛かった。
先生が仰るには、かなり筋肉が張っている状態
だからね、という話だった。しばらくの間は
普通に肩と背中に針をたくさん刺したような
ヒリヒリした感じで熱を持っていたけれど、
痛みには抜群に効果があった気がしている。
中国四千年に感謝。

現在まだほんの少し芯の部分に小さな痛みが
残っているくらい。もしかしたらこれはずっと
以前から日常的にあったものかもしれない。
現在も週1で通院しており、折角なので
全部治してしまえればいいなと思う。

|

5月。GWくらい何か世のためになることをしようと
献血にゆく。初献血。行ってみるとなかなか採血まで
辿りつけず、事前のチェックをひとつひとつこなす。
海外渡航の有無、大病の有無等々、すべてクリアし
ようやく血液チェックまで到達。しかし何かの値が
足りなかったらしく、そこで脱落。ちなみに隣にいた
女の子は体重が既定値に足りなかったようで、
かなり最初の時点で不可となってた。お互いに
残念だった。また挑戦してみることにする。

|

曇り空

「ここら辺は、昔は電車が通っていてね・・・」
突然話し掛けられたのでびっくりする。

東京に住んでいた頃、部屋の前に公園があり
白樺の木がたくさんあった。それを卒業制作用に
写生していた所、隣におばあさんがやってきて
話し掛けられる。その後も別の人に話し掛けられ、
たぶん、暇つぶしに絵を描いてるように見えたん
だろうと思う。しかしこちらは卒業がかかっている
ので超真剣だった。結局、使い捨てカメラで撮った
写真を見たり、時々見に行ったりして描いてた。

ふと千葉の写生会もそんなことがあったなあと
思い出してみるけど、こないだ学校がなくなった
ので、もう今年からあの海岸には誰も行かなく
なるのかなと思う。

全然関係ないけれど、京都に行ったとき
学生の頃によく行ってた古着屋さんに入る。
いろいろ変わってて、店員さんも昔はわりと
ほっといてくれたけど、こないだは笑顔でなんや
かんやと話し掛けてくれるので、ゆっくり
見られなくなった。店員さんも仕事だから
仕方ないんだろうけれど。

そういえばその店を教えてくれた友人とは
すっかり疎遠になっている。しかし最近NHKの
手話の放送に彼女にそっくりな人が出ていて
とても可笑しかった。

|

梅雨の前

ゆうべ初スイカだった。と思ったら、よくよく思い返して
みると先週、回転寿司でスイカを食べたのだった。
どちらも美味しかった。

今日は朝から下描をする。縦線と横線ばかりのものが
あり溜息。絶対修正コースだなと思う。
はあ、と思いながら紙の上に線をのせていったところ
なんと失敗せずに完成。驚いてしばらく感動する。
ずっと出来ない出来ないと思っていても、なんとなく
何度もやっているうちに出来るようになってくるのだと
人間の成長を実感する。
しかし次に楕円形っぽいものを描いていたらこちらは
ゆがみまくって、即修正コースだった。
焦らず、一歩ずつ。

夜請求書を投函しにゆく。夜の散歩は気持ちが良い。
「7」と背に書かれたシャツを着ている男の子が
ランニングしてた。ふとジムにゆかずとも、夜近所を
歩き回ればタダだな、と思う。

家に帰るとカギが掛かっている。
さっきまで無かった弟の車があり、自分が出ている間に
帰ってきた様子だった。また締め出された。
ピンポンを鳴らして母にカギを開けてもらい中に入る。

|

Book+

Book


東京・初台で開催のブックイベントに参加します。
私は線画集の手製本『Wind』を作りました。
お時間ありましたら、是非お立ち寄りください。


*  *  *  *  *

「Book+」

2017/6/7 wed. ~ 7/1 sat.
※月曜・火曜 お休み 

13:00~20:00
※6/17(土)、18(日)は17時から
※入場は閉館の30分前まで

Cafeでの展示になりますので、
ドリンクのオーダーをお願いします。


MOTOYA Book Café Gallery

〒151-0061 東京都渋谷区初台2-24-7


☆作家DAY

7月2日(日)13:00~17:00
入場料(チケット制):¥500
※¥500のチケットは、ドリンクや作品の購入に
ご利用いただけます。

出展者も多く在廊しています。
交流の場として、お楽しみください。
※混雑時は、お席がご用意できないこともあります。
ご了承ください。

*  *  *  *  *


最終日は毎年大変混み合うそうです。
のんびりご覧いただくには他の日がよろしいかも
しれません。


|

okadaya

NHKのドキュメントを見る。okadayaだった。
懐かしすぎた。

今日は今年初扇風機。
昨日は初蚊取線香だった。

|

珊瑚色

とても気に入っていたその色のピアスがずっと見当たらず、
どこかで失くしてしまったものと諦めていたのだけれど、
さっき見付かる。旅行用の小さいポーチの中に入ってた。

冬に、ベッドを動かして壁際に掃除機をかけていたところ
カランカランと何かを吸い込んだような音がする。一瞬
何だろうかと気になったけれど、そのまま作業を続行。
しばらくして、一番気に入っているパールのピアスが
ケースに入っていないことに気が付く。あれだったのかと
小さく肩を落とす。それも諦めていた所だったけれど、
ある日がまぐちの財布を久しぶりに開けてみたところ、
そこに入ってた。

とにかくよかった。

|

繕いの便り展




P1010036




P1010035




P1010037




P1010039




P1010041_2







ありがとうございました。

SEWING GALLERY
2017.1.18 - 2.5



|

緑の癒し

春。花粉。まだとても寒い。
先日、東京での展示参加者の集まりに参加しようと
宿をとる。しかしカレンダーと睨めっこをした結果、
やはり行けそうにないので断念する。
とても残念だけど仕方なし。全く関係ないけど
無性に温泉に入りたいと思う。

先日近所でエアプランツを買う。
初めてのグリーン。TVの前に置く。とてもいい感じ。
ただ、まさかこんなに成長が早いとは思わなかった。
どうしたらいいんだろう。

|

獅子舞の夢

さっき獅子舞がやって来て、頭を噛まれる。
昼過ぎ、笛の音が聞こえて2階の自室の窓から
様子をうかがう。すぐそこまでやって来てた。
1階に下りて隣の家に行く様子を窓の隙間から
そっと覗いていると、一団と目が合う。
気付かれてしまった。居間で横になってTVを
見ている父に、獅子舞の動向を伝える。
玄関の鍵を開けておくようにと言われ、開錠。
獅子舞を迎える準備をし待機する。

そして玄関前に獅子舞登場。お札を手渡され、
父が小さいお盆に載せた封筒を渡す。お祓い
みたいのがあり、最後に頭を、と促される。
おずおずと獅子舞のほうに頭を近付ける。
噛まれる。何ともいえない気持ちだった。
私が終わると父のほうに向きを変え、また頭を
促されるも、「あ、いいです」と父が断る。
その後獅子舞を見送り、作業に戻った。

|

«白いニワトリさん